エキゾチックな曲を探す会

ブルージュの鐘/松田聖子

ベルギーの古都、ブルージュを舞台にした曲です。 ブルージュの鐘 松田聖子 収録アルバム「Candy」 release:1982 「ブルージュの鐘」は、1982年にリリースされた松田聖子のアルバム「Candy」の収録曲。ただもうシンプルに、女性がブルージュの一人旅を満喫す…

BATUCADA/bird

今回ご紹介いたしますのはbirdの歌う「BATUCADA」。2007年の曲です。ビールのCM曲に使われてたそうですが、あんまり憶えてません(そういえばそうだったような・・・)。 BATUCADAbirdrelease:2007 この「BATUCADA」はブラジルの曲のカバーでして、同国のシンガ…

夏の夜のサンバ/和田アキ子

すみませんまた笑ってしまいました。なんてったって出だしの歌詞が『ギラギラ太陽が沈んだら 男と女はハッシッシ』です。怪しげなパーティー(●●●様とかがお好みになる)のことが思わず頭をよぎりました。 夏の夜のサンバ 和田アキ子 release:1972 「夏の夜…

雨のNew York/欧陽菲菲

菲菲ねえさんがニューヨークの歌、唄ってました。 雨のNew York 欧陽菲菲 release:2008 「雨のNew York」だって。「雨の御堂筋」の続きものか何かなんでしょうかと思ったら、当たらずといえども遠からずで、他にも「雨のメモリー」や「雨のエアポート」など…

ニュアンスしましょ/香坂みゆき

今回は香坂みゆきさんのヒット曲「ニュアンスしましょ」をご紹介します。 ニュアンスしましょ 香坂みゆき 「夜来香」とか、あのへんの曲を彷彿とさせる、ノスタルジックな雰囲気の大陸風メロディーが印象的な、一度聴いたら頭を離れなくなるタイプの曲です。…

スキタイの歌/谷村新司

シンジ・タニムラがなんだかすごいタイトルの曲歌ってました。その名も「スキタイの歌」 スキタイの歌 谷村新司 収録アルバム「今 伝えたい」 Release:2011 2011年リリースの「今 伝えたい」というアルバムに収録されている曲のようですが、それにしても「…

シャム猫を抱いて/浅丘ルリ子

さて今回は、往年の大女優、浅丘ルリ子さまが歌う「シャム猫を抱いて」のご紹介です。 浅丘ルリ子のすべて~心の裏窓 浅丘ルリ子 release:1969 斬新なジャケットは横尾忠則氏のデザイン 1969年に浅丘ルリ子さんの芸能生活15周年を記念して発表されたアルバ…

Spanish Caravan/ザ・ドアーズ

今回は備忘録的に曲のご紹介です。 Spanish Caravan 「スパニッシュ・キャラバン(Spanish Caravan)」は、米国のロックバンド、ドアーズ(The Doors)の1968年の楽曲。同年リリースのアルバム「太陽を待ちながら(Waiting for the Sun)」に収録されている、フ…

タブー(禁じられた愛)/郷ひろみ

のっけから、いささか大げさすぎるくらいのスパニッシュ風のイントロで始まります。 タブー(禁じられた愛) 郷ひろみ Release 1980 「タブー(禁じられた愛)」は、1980年発表の郷ひろみ34枚目のシングル。「セクシー・ユー」と「How many いい顔」という、…

Până când nu te iubeam/Pink Martini

今回は海外からステキなエキゾチック・ナンバーをご紹介します。 Pink Martini (with singer Storm Large) - Până când nu te iubeam 上の動画で米国のジャズ・アンサンブル、ピンク・マルティーニ(Pink Martini)が演奏しているのは「Până când nu te iube…

よさこいボサノバ/ザ・ピーナッツ

なんと。高知県の民謡「よさこい節」がボサノバになってました。タイトルは、その名も「よさこいボサノバ」歌うはザ・ピーナッツ。 よさこいボサノバ ザ・ピーナッツ 収録アルバム「ピーナッツ民謡お国めぐり」(2009年発売CD復刻版) ※復刻版のボーナストラ…

アキラでボサ・ノバ/小林旭

1963(昭和38)年の楽曲。小林旭さんの「アキラでボサ・ノバ」のご紹介です。

パピヨン~papillon~/島谷ひとみ

さて、2000年代の音楽シーンにまさに「ネオ久保田早紀」のごとく、無国籍ポップをひっさげて現れたのが島谷ひとみさんでした。後に知ったことでしたが、元々演歌歌手としてデビューしたらしい(テレビ番組の企画の一環だったようですが)島谷ひとみさんは、…

サンフランシスコの女/ザ・ピーナッツ

昔から歌の世界では「港町の女は捨てられる」となぜか相場がきまっています。一般的なのは、オペラ「蝶々夫人」の蝶々さんのように、あんまり外の世界のことを知らない純真無垢なお嬢さんタイプの女性が、調子のいい薄情男にだまされ捨てられ、悲しい憂き目…

OVERSEA CALL/杏里

杏里の1985年のアルバム「WAVE」の中の一曲です。 WAVE 杏里 Release 1985 海外にいる恋人への想いを綴った、遠距離恋愛がテーマのシンプルで美しいバラードです。杏里本人が作詞作曲しています。その昔、スキー番組のエンディングテーマに使われていました…

北駅のソリチュード/河合奈保子

河合奈保子の1984年リリースのシングル。 北駅のソリチュード 河合奈保子 Release 1984 フランスはパリの北駅を舞台に、男女の別れのシーンが描かれる曲です。しっとりしてます。出だしの泣きのサックスが「ケアレス・ウィスパー」に激似というのは有名な話…

シェルブールは霧雨/松田聖子

フランス・ノルマンディー地方の港町、シェルブールを舞台にした曲。 かつての恋人同士のせつない邂逅を描きます。

上海は夜の6時/PANDA1/2

タイトルからして好奇心をくすぐられます。 上海は夜の6時 PANDA 1/2 release:2010 てっきりパロディかと思いきや、どうやら90年代渋谷系ミュージックへのオマージュのようです。 どこかちょっぴり懐かしい感じがするのはそのせいかもしれません。 東京は夜…

Martiniqueの海風 /今井美樹

今井美樹1994年発表のアルバム「A PLACE IN THE SUN」の中の一曲。 A PLACE IN THE SUN 今井美樹 release:1994「martiniqueの海風」収録 俗に「熱帯のパリ」などとも呼ばれるフレンチ・カリブの島、マルティニークを歌の舞台にするなんざ日本ではおそらくこ…

少年ケニヤ/渡辺典子

渡辺典子さんの1984年の楽曲。角川映画製作のアニメ映画「少年ケニヤ」の主題歌だった曲です。

カリブの夢/ペドロ&カプリシャス

ペドロ&カプリシャスの1978年リリースのシングル曲。 ぺドロ&カプリシャス アルバム「GIFT BOX DISC-1」より 「カリブの夢」収録 カリブ海がテーマの歌ですが、実際にカリブ海に出かけていくわけではなく、主人公の女性が、いつ来るとも知れない恋人の訪問を…

Wild Flowers/桐島かれん

サディスティック・ミカ・バンドの二代目ボーカリスト、桐島かれんさんが1990年にリリースしたソロ・シングル「TRAVELING GIRL」のカップリング曲。同年発表のソロ・アルバム「かれん」にも収録されています。 かれん 桐島かれん release:1990 天は二物も三…

愛で殺したい/サーカス

コーラスグループ「サーカス」の1978年リリースのシングル曲。 大ヒット曲「Mr.サマータイム」の次作にあたる楽曲です。

サンタモニカの風/桜田淳子

1979年リリースの桜田淳子26枚目のシングル曲です。 この歌で「サンタモニカ」という地名を知りました。(歌謡曲はけっこう地理の勉強になります・・・) photo: smile shower さん @写真ACサンタモニカといえばこれよね私が子供の頃、桜田淳子のものまねといえ…

上海倶楽部/松田聖子

松田聖子さんの楽曲。おそらく租界時代の上海をイメージしていると思われる、オールドジャズ風の楽しい曲です。

サンタマリアの熱い風/山口百恵

山口百恵さんの楽曲「サンタマリアの熱い風」のご紹介です。

コルドバの踊り子/杏里

夏女・杏里がヨーロピアン・サウンドを歌っていたころの曲。スペインのコルドバを舞台にした、踊り子稼業の女性が主人公の歌です。かりそめの恋をベースに、虚飾に満ちた世界で生きていく女性の悲哀と諦観が描かれます。アルバムの中の一収録曲ですが、シン…

喜望峰/寺尾聰

恋人を置いて一人あてどのない旅に出る男性を描く歌です。「行く先は聞いてくれるな」「男には道がある」「待っててくれとは言わない」とこれが男の生き様だとばかりにびしばしと「俺のダンディズム」を放出させています。そのくせ「独りより二人でいるとき…

愛の時代/久保田早紀

1983年リリースの久保田早紀7枚目のシングル曲。シングル曲にふさわしいキャッチ―なメロディーと、ドラマティックな曲調が印象的な一曲です。同年発表の「ネフェルティティ」というアルバムにも収録されています。 ネフェルティティ 久保田早紀 リリース:1…

白い波/ユキとヒデ

ボサノバ・デュオ「ユキとヒデ」の1967年のデビュー曲「白い波」です。 作曲、アレンジ、バックの演奏をナベサダさん自らが手がけています。