合鍵/五輪真弓

暗く重たい失恋の歌です。
恋人との別れを受け入れられずにいる女性のとまどいと悲哀が、シャンソン風のもの悲しいメロディーに乗せて歌われます。

歌詞から想像するに、おそらく主人公の女性は、男性から一方的に別れを告げられてしまったのでしょう。
どうしても男性のことがあきらめられないらしい女性は、夜中に男性のアパートの前まで行って、街灯の陰から彼の部屋の窓明かりをじっと見つめるのです。「もういちどそのドアを開けさせて」と・・・。

この際だから言ってしまいましょう・・・。

怖いっ!

怖いよアナタこんなんして夜中に街灯のかげに立ってたら
(家は見に行っちゃいけない家は)


岐路(みち)
 五輪真弓
 release:1979
 「合鍵」収録の8thアルバム

五輪真弓」で検索すると必ず「妖怪人間ベラ」が出てくるのやめて


「女の情念」のような、ある種のうすら怖さも伝わってくる歌ではありますが、まぎれもなく稀代のシンガー・ソングライター五輪真弓を代表する曲のひとつといえましょう。

「合鍵」は 1979年リリースの五輪真弓16枚目のシングル。
大ヒットシングル「恋人よ」の前々作にあたる曲のようです。
同年リリースの アルバム「岐路(みち)」にも収録されています。

 

 作品データ 

合鍵
リリース:1979(昭和54)年
歌:五輪真弓
作詞・作曲 五輪真弓
編曲:ミッシェル・ベルナルク

合鍵

合鍵

  • 五輪 真弓
  • 謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes