雨のNew York/欧陽菲菲

菲菲ねえさんがニューヨークの歌、唄ってました。


雨のNew York
 欧陽菲菲
 release:2008
 
 



「雨のNew York」だって。
「雨の御堂筋」の続きものか何かなんでしょうかと思ったら、当たらずといえども遠からずで、他にも「雨のメモリー」や「雨のエアポート」など、数々の「雨」をテーマにした曲を歌ってきた欧陽菲菲さんの「雨シリーズ」のファイナルを飾る曲だということです。リリースは2008年。欧陽菲菲さんにとってはおよそ10年ぶりとなる日本でのシングルリリースだったようで、当時のニュース記事なんかを読みますと、この曲にかける意気込みはかなりのものだったことがうかがえます。作詞は湯川れい子、作曲は大黒摩季、といずれも作家陣にはビックネームが名をそろえています。まさに満を持しての気合の一曲だったといえましょう。

こんなのも出てました
雨シリーズ BEST
欧陽菲菲
release:2008


曲は前半、ビリー・ジョエルの「ニューヨークの想い」を思わすようなブルージーな雰囲気で始まり、途中からアップテンポな曲調に変わる二部構成のような作り。歌謡曲の王道を行くような親しみやすいメロディーラインで聴きやすいです。

歌詞は、ニューヨークの街角を舞台に、それなりの年齢を重ねたと思しき女性が、ひょんなことから昔の恋人を思い出してセンチな気分に浸る、少々もの悲しい内容。「愛より自由」「ひとりぼっちが性に合ってる」と、人生をわがまま気ままにイケイケどんどんで突っ走ってきた女性の、ちょっぴり悲しい行く末をのぞいてしまったような気になる歌です。人はどうして歳をとるにつれ、さびしんぼうになってしまうのか・・・。

それでも「わがままに生きれば綺麗でいられる」「いつでも男がふりむく女でいたい」と、いくつになっても女のプライドを捨てずに生きる強い女主人公の姿を、まるで自分のことのようにカッコよく歌いあげる欧陽菲菲。もちろんこれがフィクションであることは百も承知ですが、歌詞の中の『ジーンズのサイズ 今も同じよ」というフレーズは、多分に菲菲ねえさんを意識して書かれたものだろうと思わずにはいられません・・・。


見よ!このスタイル

アルバム「Single Collection~ラヴ・イズ・オーヴァー~」(2013年発売)より


でも、ジーンズのサイズだけでなく、超ボリューミーな髪型も、もう歌詞を全部カタカナ表記にしてしまいたいぐらいカタコトな日本語も、子供の頃に見ていたときとほとんど何も変わってない欧陽菲菲。残念ながら最近テレビなどではあまりお見かけしなくなりましたが、人生百年時代。まだまだこのままスタイリッシュにカッコよく突っ走っていただきたいものです。

 

  作品データ  

雨のNew York
リリース:2008(平成20)年
歌:欧陽菲菲
作詞:湯川れい子
作曲:大黒摩季
編曲:高橋利光

雨のNEW YORK

雨のNEW YORK

  • アーティスト:欧陽菲菲
  • 出版社/メーカー: Happy Music Records
  • 発売日: 2008/09/03
  • メディア: CD