Un Apres-Midi A Paris (Afternoon in Paris)/クレモンティーヌ

f:id:didoodah:20200726103647j:plain


Un Apres-Midi A Paris
(Afternoon in Paris)

 Clementine
 収録アルバム:Continent Bleu
 release: 1989 ※日本デビュー盤

 

あなたとだったら一緒にセーヌの河岸を散歩したい気になるし、マドレーヌでお茶することだってできる。あなたと一緒だと私はとっても昔の女の子に戻ったような気持ちになるの。あなたとなら午後どころか一生一緒に暮らせるわ・・・と、すっかり”あなた”にメロメロな様子の女性のことを歌った可愛らしいラブソングです。フランスのシンガー、クレモンティーヌのジャズのスタンダード曲を集めたアルバムに入っている楽曲で、アメリカのジャズ・ピアニスト、ジョン・ルイスの「Afternoon in Paris」をカバーしています。


Afternoon in Paris
 John Lewis&Sacha Distel
 収録アルバム:Afternoon in Paris
 release:1956

Watch on YouTube

 

もともとはインストゥルメンタルの曲のようですが、クレモンティーヌはフランス語の歌詞を乗せて歌っています。詞を書いたのは彼女のお母さんなのだそう。いかにもフランス人っぽい独特な感性のユニークな詞ですが、聴いてるだけでなんとなくパリの街中を歩いているような気分を味わえるとても素敵な曲です。

f:id:didoodah:20200727131206j:plain
パリのカフェ Photo by Valentin B. Kremer on Unsplash
早く自由にあちこち行きてっす(涙)@2021春

基本的にカバーもノンボーカルのものが中心のようですが、クレモンティーヌ以外にもボーカル入りのバージョンがありました。アニタ・オデイの「Afternoon in Paris」です。歌詞はよくわかりませんが、他のジャズミュージシャンたちとの楽しかったセッションを回顧しているっぽい内容なのですが、自身の体験をそのまま歌詞にしている感じなんでしょうか・・・?ドゥビドゥビダバダバ♪スキャットがステキです。


Afternoon in Paris
 Anita O'day
 収録アルバム:Angel Eyes
 release:1978

Amazon Music

 


  作品データ  

Un Apres-Midi A Paris(Afternoon in Paris)[邦題:アフタヌーン・イン・パリ]
リリース:1989年
歌:Clementine
作詞:Marcela Mitz
作曲:John Lewis

アフタヌーン・イン・パリ

アフタヌーン・イン・パリ

  • provided courtesy of iTunes