涙・コパカバーナ/川島なお美

川島なお美さんの、1984年のシングル曲。
失恋女性の傷心旅行を描く内容です。


涙・コパカバーナ
 川島なお美
 release:1984
 
 

 

「涙・コパカバーナ」というタイトルや「飛び乗ったの sentimental airplane」「街は陽気なカーニバル」などといった歌詞から、行き先は、ちょうどカーニバルに沸いてる時期のブラジルのリオデジャネイロと思ってよさそうです。ただ、傷心旅行は傷心旅行でも、勝ち戦になるはずだった恋愛競争に思わぬ敗北を喫した恋多き女のやけっぱち一人旅といった感じで、「一夜だけの sentimental love affair」「誘われるまま抱かれてる」などと、とち狂ったように現地で思いきりはめを外しまくってしまってる感じですから、ある種の痛々しさは漂うものの、正直、あまり悲壮感は感じられません。

曲調は、リオが舞台ながらサンバ濃度こそ低めですが、”真夏の熱い夜”を思わせる、ラテンフレーバ―の効いたつくりになっています。哀愁を帯びたメロディラインも印象的です。

この「涙・コパカバーナ」は同年発売の「未・来・人 MIRAIJING」というアルバムにも収録されているとのこと。ちょっと調べたら、ご当地ソングの宝庫のようなアルバムでした。
作家&サポート陣もビックネームばかりで、何気に歴史の隙間に埋もれていた隠れ名盤の予感です。これはまたさっそく掘り起こしにかからなくては。


未・来・人 MIRAIJING
 川島なお美
 release:1984

「脱・女子大生」と「疑似世界一周旅行」をコンセプトにした作品らしい。

 

 

  作品データ  

涙・コパカバーナ
リリース:1984
歌:川島なお美
作詞:売野雅勇
作曲:大野克夫
編曲:井上鑑

涙・コパカバーナ

涙・コパカバーナ

  • provided courtesy of iTunes