1960年代の洋楽

Ma Jeunesse Fout le Camp(もう森へなんか行かない)/フランソワーズ・アルディ

青春期との決別を歌う、詩情にあふれたとても美しい曲です。 物悲しい旋律が耳を惹きます

Talkin' New York(ニューヨークを語る)/ボブ・ディラン

ロックの詩人ボブ・ディランのデビュー・アルバムに収録されている楽曲です。

The Little Old Lady (From Pasadena)(パサディナのおばあちゃん)/ジャン&ディーン

「The Little Old Lady From Pasadena」は、アメリカのポップ・デュオ、ジャン&ディーンの1964年の楽曲。「パサディナのおばあちゃん」という邦題がつけられている、サーフ・ミュージック系のユニークな曲です。 The Little Old Lady From Pasadena Jan&Dea…

Manchester et Liverpool(マンチェスターとリヴァプール)/マリー・ラフォレ

「マンチェスターとリヴァプール」って、まるでこれからイギリスのサッカーの試合でも始まりそうなタイトルですが、フランスの曲です。 Marie Laforêt "Manchester et Liverpool" | Archive INA 煙草を片手に気だるく歌いますのは、フランスの女優兼シンガー…

Samba do Avião(ジェット機のサンバ)/アントニオ・カルロス・ジョビン

今回は洋楽のご当地ソングとしてボサノヴァの名曲をご紹介します。

Spanish Caravan/ザ・ドアーズ

今回は備忘録的に曲のご紹介です。 Spanish Caravan 「スパニッシュ・キャラバン(Spanish Caravan)」は、米国のロックバンド、ドアーズ(The Doors)の1968年の楽曲。同年リリースのアルバム「太陽を待ちながら(Waiting for the Sun)」に収録されている、フ…