シャム猫を抱いて/浅丘ルリ子

さて今回は、往年の大女優、浅丘ルリ子さまが歌う「シャム猫を抱いて」のご紹介です。


浅丘ルリ子のすべて~心の裏窓
 浅丘ルリ子
 release:1969

 斬新なジャケットは横尾忠則氏のデザイン
 



1969年に浅丘ルリ子さんの芸能生活15周年を記念して発表されたアルバム「浅丘ルリ子のすべて~心の裏窓」の中の一曲。
歌はタイトルそのままに、女性が夜更けにひとりシャム猫を抱きしめながら、なかなかやってこない恋人を待つという内容です。
といっても、この「シャム猫を抱いて」は全編ほぼスキャットから成る曲で、歌詞はわずか4行のみ。演奏時間も2分たらずとひじょうに短い曲ですが、これが国産だとはにわかには信じられないほどのクオリティーを持った和製ボサノバになっています。ドラムのソロから始まるイントロなど垂涎もののかっこよさです。

あまりに名曲ということもあってか、2016年にはなんとオリジナル発表から47年もの時を経て、懐かしいドーナツ盤のかたちでシングル化もされています。


シャム猫を抱いて
 浅丘ルリ子
 release:2016
 
 残念ながら現在は絶版のようです




それにしても若かりし頃のルリ子さまのお美しいことときたら!
特にこの「シャム猫を抱いて」を発表した頃(1970年前後)の浅丘ルリ子さんは、出演映画などを見てもそれはもうとびきりの美しさで、小粋なシャム猫を腕に抱かせたら、まさしく絵的に右に出る者はおりますまいというぐらいのたたずまいです。こんな女性が部屋で待ってたら私が男ならすっとんで帰ります。シャム猫はともかく。


私は女優
浅丘ルリ子(著)

日経新聞の「私の履歴書」をまとめた自伝本。なかなかおもしろいです。おすすめです。

 
 


昭和の映画全盛期時代の女優や俳優さんたちは、みな演技だけにとどまらず、本格的に歌手としても活躍していた印象ですが、浅丘ルリ子さんも歌は相当にお好きなようで、もともとは女優ではなく歌手になりたかったのだとか。幼い頃からいろいろなジャンルの歌に親しまれ、「歌は私にとって生きる糧。歌のない人生なんて考えられない」とご自身の著書(「私は女優」)の中で語っておられます。昭和を華やかに彩り、今もなお第一線で活躍する名女優の歌をぜひどうぞ。

  作品データ  

シャム猫を抱いて
リリース:1969(昭和44)年
歌:浅丘ルリ子
作詞:阿久悠
作曲:三木たかし
編曲:高見弘
※収録アルバム(CD)「浅丘ルリ子 ゴールデン★ベスト」他

浅丘ルリ子 ゴールデン★ベスト

浅丘ルリ子 ゴールデン★ベスト