春風は河を渡る/上々颱風


春風は河を渡る
 上々颱風
 収録アルバム:上々颱風
 release: 1990
 
   

 

上々颱風の1990年の楽曲。
同年リリースのファースト・アルバム「上々颱風」に収録されている、静謐感をともなった中国歌謡風のとても美しい曲です。「草原情歌」のような音を求めている方にはもってこいの曲かもしれません。

歌詞は、歌の主人公(わたし)が、どこか遠いところへ行ってしまった恋人のことを恋しく思い出しているかのような内容で、美しい漢詩(や、もしくは和歌)に触れているような趣きがあります。小川のせせらぎが聞こえ、そして、馥郁たる桃の花の香りが漂ってきそうな雰囲気です。

曲中で中国の管楽器を演奏しているのは、劉宏軍(Liu Hongjun)さんという中国出身の音楽家の方で、笛の名手として知られている方だそう。また、作曲や楽器演奏といった音楽活動だけでなく、奈良・正倉院所蔵の古代楽器の復元に取り組むなど、音楽の研究分野でも手腕を発揮されている、その道では大変有名な方とのことです。
(くわしいプロフィールはこちらに。※音楽事務所のHPのようです)

詞、旋律、歌、演奏、どれをとっても大変美しい曲です。
隠れた名曲をぜひどうぞ。

  作品データ  

春風は河を渡る
リリース:1990(平成2)年
歌:上々颱風
作詞・作曲:紅龍
編曲:上々颱風

春風は 河を渡る

春風は 河を渡る

  • provided courtesy of iTunes