エキゾチックな曲を探す会

赤い砂漠の伝説/島谷ひとみ

島谷ひとみさんの2003年の楽曲。シングル10作目の曲とのこと。 作曲者は広瀬香美さんです

APRES MIDI ~あるパリの午後で~ /MALICE MIZER

「APRES MIDI ~あるパリの午後で~」は、ヴィジュアル系ロックバンドMALICE MIZERの1995年の楽曲。

チャイナ・ドール/佐藤奈々子

佐藤奈々子さんの1979年の楽曲。 同年リリースの「Kissing Fish」というアルバムに収録されている曲です。

The Little Old Lady (From Pasadena)(パサディナのおばあちゃん)/ジャン&ディーン

「The Little Old Lady From Pasadena」は、アメリカのポップ・デュオ、ジャン&ディーンの1964年の楽曲。「パサディナのおばあちゃん」という邦題がつけられている、サーフ・ミュージック系のユニークな曲です。 The Little Old Lady From Pasadena Jan&Dea…

サンタモニカ・ハイウェイ/竹内まりや

サンタモニカ・ハイウェイ 竹内まりや 収録アルバム:BEGINNING release: 1978 名盤!と思う。 竹内まりやさんの1978年の楽曲。同年リリースのデビューアルバム(「BEGINNING」)に収録されている、70年代ウエストコースト風の涼し気な曲です。ちょっぴりブ…

無錫旅情/尾形大作

演歌歌手尾形大作さんの1986年のヒット曲。個人的に中国のご当地ソングといったら、真っ先に思い浮かぶ曲です。

ナザレの舟唄/門倉有希

ナザレの舟唄 門倉有希 release: 1998 門倉有希さんの1998年の楽曲。ポルトガルの港町、ナザレを舞台にした楽曲(演歌)です。ぱっと聴き、北原ミレイさんの「石狩挽歌」と雰囲気が似ているなと思ったら、作曲者が同じ浜圭介さんでした。 浜圭介 作曲生活50…

On a Slow Boat to China(オン・ア・スローボート・トゥ・チャイナ)

有名曲につき、今回は備忘録的にご紹介です。「On a Slow Boat to China(オン・ア・スローボート・トゥ・チャイナ)」はポピュラー・ソングのスタンダード・ナンバー。「中国行きのスロウ・ボート」として、村上春樹さんの本(小説)のタイトルになっている…

美貌の都/郷ひろみ

郷ひろみの1983年の楽曲。「哀しみの黒い瞳」に次ぐ、45枚目のシングル曲です。

北京ダック/細野晴臣

細野晴臣氏の1975年の楽曲。 歌の主人公が横浜の中華街で遭遇した火事騒ぎのどたばたぶり(もちろん架空のお話)を、ラテンのリズムに乗せて歌うというとてもユーモラスな曲です。

リオの少女/南佳孝

南佳孝さんの1997年の楽曲。 同年リリースのアルバム「Sketch Of Life」の収録曲で、カーニバルの時期のブラジル・リオデジャネイロが舞台になっている曲です。

イパネマの雨/森尾由美

タレント森尾由美さんのアイドル時代の楽曲。 1983年リリースのセカンドアルバム(「Yumic World」)の収録曲だったようです。

哀愁のオリエント急行/つちやかおり

哀愁のオリエント急行 つちやかおり release: 1982 80年代のアイドル歌手つちやかおりさんの1982年の楽曲。「哀愁のオリエント急行」などと、10代のアイドルが歌うにしてはなかなか渋めなタイトルの曲ですが、しかし「オリエント急行」といってもよくよく聴…

カラパナ・ブラック・サンド・ビーチ/二名敦子

カラパナ・ブラック・サンド・ビーチ二名敦子 収録アルバム:ロコ・アイランド release: 1984 1980年代に活躍したシンガーソングライター二名敦子さんの1984年の楽曲。ハワイ島のビーチを舞台にした曲で、恋人への冷めた気持ちが、まさにハワイの風のごとく、…

砂の岬 Ponta de Areia/THE BOOM

砂の岬 Ponta de Areia THE BOOM 17thシングル「手紙」c/w曲 収録アルバム: TROPICALISM - 0゜ release: 1995 THE BOOMの1995年の楽曲。ブラジルの超有名ミュージシャン、ミルトン・ナシメント(Milton Nascimento)の同名曲(Ponta de Areia[1975])をカ…

ナッソーの月/中原めいこ

ナッソーの月 中原めいこ 収録アルバム:303 EAST 60TH STREET release: 1990 シンガーソングライター中原めいこの1990年の楽曲。同年リリースの「303 EAST 60TH STREET」というアルバムに収録されている曲です。曲の舞台は、バハマの首都ナッソー。過熱する…

上海ノスタルジー/久保田早紀

上海ノスタルジー 久保田早紀「エアメール・スペシャル」収録 release: 1981 久保田早紀の1981年の楽曲。失恋した女性の、上海への傷心一人旅を思わせる内容です。小雨降りしきる夜、異国の安宿の一室でひとり恋の思い出に浸りながら物思いにふける女性の姿…

Manchester et Liverpool(マンチェスターとリヴァプール)/マリー・ラフォレ

「マンチェスターとリヴァプール」って、まるでこれからイギリスのサッカーの試合でも始まりそうなタイトルですが、フランスの曲です。 Marie Laforêt "Manchester et Liverpool" | Archive INA 煙草を片手に気だるく歌いますのは、フランスの女優兼シンガー…

市場に行こう/島谷ひとみ

島谷ひとみさんの2001年の楽曲とのこと。昭和の時代でしたら久保田早紀さんのアルバムにひっそり収録されてそうな、ぱっと聴きそんな印象の曲です。

ジョハナスバーグ/八神純子

八神純子さんの1985年の楽曲。 南アフリカのヨハネスブルグ(Johannesburg)のことを歌った曲です。

涙・コパカバーナ/川島なお美

川島なお美さんの、1984年のシングル曲。失恋女性の傷心旅行を描く内容です。 涙・コパカバーナ 川島なお美 release:1984 「涙・コパカバーナ」というタイトルや「飛び乗ったの sentimental airplane」「街は陽気なカーニバル」などといった歌詞から、行き先…

哀愁のカサブランカ/郷ひろみ

いまさら知りましたが この曲、カバーだったのね・・・。

愛のサンバは永遠に/伊藤愛子

伊藤愛子さんというシンガーの歌う「愛のサンバは永遠に」という曲を聴きました。恥ずかしながら存じ上げませんでしたが、伊藤愛子さんは昭和30年代から活躍する(1962年、13歳でデビュー)超ベテランシンガーとのこと。楽曲のリリースは1982年。当時EP盤…

Tokyo/Chips

こうして都市や国をテーマにした曲を探していますと、タイトルに「東京」を冠する曲というのが洋の東西を問わず意外と多くてびっくりするのですが、今回は数ある「Tokyo」というタイトルの楽曲の中からランダムに、こちらの時代感あふれるファラ・フォーセッ…

Samba do Avião(ジェット機のサンバ)/アントニオ・カルロス・ジョビン

今回は洋楽のご当地ソングとしてボサノヴァの名曲をご紹介します。

アルファマの娘/久保田早紀

「アルファマの娘」は、久保田早紀の1980年の楽曲。同年リリースの「サウダーデ」というアルバムに収録されている、ポルトガルの首都リスボンを舞台にした曲です。 アルファマの娘 久保田早紀 収録アルバム「サウダーデ」 release:1980 ポルトガル&東京録音…

Hong Kong/玉置浩二

今回は、1987年にリリースされた玉置浩二のソロデビュー・アルバム「ALL I DO」に収録されている「Hong Kong」という曲を聴いてみました。 Hong Kong 玉置浩二 収録アルバム「ALL I DO」 release:1987 いざ聴いてみますと、タイトルから想像しうるようないわ…

真夜中のボサ・ノバ/ヒデとロザンナ

昭和のおしどり夫婦デュオの代表格といえば「ヒデとロザンナ」。 ヒデとロザンナ アルバム「ゴールデン★ベスト」より しかしドンピシャ世代ではない私は「ヒデとロザンナ」といえば、歌っている姿よりどちらかというと、夫婦でバラエティー番組の司会をして…

香港紙人形/尾崎亜美

尾崎亜美の1979年のアルバム「LITTLE FANTASY」の中の一曲。 香港紙人形 尾崎亜美 収録アルバム「LITTLE FANTASY」 release:1979 港町・香港を舞台にした曲で、メロディーとアレンジに中華風の要素が効果的に取り入れられています。作詞、作曲、編曲はすべて…

思いっきりサンバ/石野真子

「思いっきりサンバ」は、石野真子の1981年のシングル曲。 作詞=有馬三恵子、作曲=筒美京平、編曲=大村雅朗と、三賢者揃い踏みといった感じの豪華作家陣による楽曲です。